スポンサード リンク


ネイルのアフタケア

通常のカラーなら数日置きにトップコートを塗りましょう。
トップコートは、家にあるもので十分です。

カルジェルの場合は、週に一度ノンアセトンの除光液で拭いて、専用のトップコートを塗ります。
アセトン入りの除光液で拭くとジェルが溶けてしまうので、気をつけて下さい。
ノンアセトンの除光液や、カルジェル専用のトップコートはネイルサロンで販売しています。

カラーをしていてもしていなくても、ネイルオイルを塗ると爪が丈夫になります。
何種類かありますが、私が使って一番良かったのが、O.P.I.の「アボプレックス キューティクルオイル」です。
一日に一回、夜寝る前に爪の根元に塗っています。
自分でカラーを塗った時、最後の仕上げに根元に垂らすと、乾かしている間に傷やほこりが付きにくくなります。
定価で買うと高いので、ディスカウントストアやネットの通販で購入しています。
ネイルオイルには、ジェルを剥がれにくくする効果もあります。

長持ちさせるには、当たり前ですが、爪の先を酷使するような作業は控えましょう。
洗い物をする時は、ゴム手袋着用です。
マニキュアやジェルがついたまま爪を切る時は、絶対に爪切りを使ってはいけません。
爪切りは爪に負担をかけ二枚爪の原因になるので、ネイルを塗っていない時でもやすりを使うようにしましょう。
やすりはいろいろな種類が販売されていて迷ってしまいますが、ガラス製の爪やすりがおすすめです。
私は、「セラ ガラス爪やすり」を使用していますが、爪への当たりが優しいのにとてもよく削れます。
ガラス製なので、水洗いして繰り返し使えるのもポイントです。

ネイルサロンを「賢く」利用する方法〜体験談のトップページ

スポンサード リンク