スポンサード リンク


実際の流れ〜カルジェル

ネイルサロンで、「カルジェル」を頼んだら、どうなるのか?実際の流れを書いていきます。

1.準備
手を洗うか、蒸しタオルで手についた油分をキレイに落とします。指輪を付けている場合は、外しておきます。

2.オフ
ジェルがついている場合は、アセトンでオフします。小さく切ったコットンにアセトンを含ませ爪の上に置き、その上からアルミホイルで包んで15分ほど放置します。時間がたったら、アルミホイルを外します。面白いようにジェルが爪から浮き上がっています。それを、ウッドスティックで軽くこすりながら剥がしていきます。

3.ファイリング
爪の長さをやすりで整えます。その際、爪の形を指定できます。代表的なものとして、スクエアオフ・オーバル・ラウンドなどがあります。形によって、ネイルが剥げにくいといった特徴もあるので、爪の弱い人はネイリストさんに相談してみて下さい。

4.甘皮の処理
カルジェルのコースに含まれている甘皮処理は、ドライケアです。キューティクルリムーバーを塗ってから、甘皮押しという器具を使って甘皮を押し上げていきます。頑固な甘皮はニッパーで切り取ります。まったく痛くないので安心して下さい。この段階が終わると、爪がかなりスッキリします。余分な甘皮がなくなったことで、爪が長く見える効果もあります。

5.バッフィング
爪磨きで爪の表面を磨きます。自己流とは違い、細かい部分まで丁寧に磨いてくれるので、終わった後は透明のマニキュアを塗ったようにピカピカになります。

6.ベースコート
ベースとして、透明のジェル(クリアジェル)を塗ります。一本または数本塗るごとに、UVライトに指を入れてしばらく放置します。放置時間は約2分。ライトから指を出すと、ジェルが硬化して完全に乾いています。これが、通常のマニキュアとカルジェルの一番の違いです。

7.カラーリング・アート
好みのカラーを二度塗り、UVライトで硬化させます。アートを希望する場合は、この時にします。

8.トップコート
クリアジェルでコートしてライトで硬化させます。最後に、カルジェル専用のトップコートを塗り、爪の根元にオイルを塗って乾くのを待ちます(約5分程度)。

9.支払い
ジェルは完全に硬化しているので、普通のマニキュアのように傷がつく心配はありません。支払いをして帰りましょう。とは言うものの、余りに強く爪に衝撃を与えると傷がついてしまう恐れもあるのでお気をつけ下さい。

ネイルサロンを「賢く」利用する方法〜体験談のトップページ

スポンサード リンク