スポンサード リンク


実際の流れ〜ケア・カラーコース

ネイルサロンで、「ケア・カラーコース」を頼んだら、どうなるのか?実際の流れを書いていきます。

1.支払い
先に支払いを済ませます。カラーを塗った後では、乾くまで財布を取り出せなくなるからです。

2.準備
手を洗うか、蒸しタオルで手についた油分をキレイに落とします。これをやらないとカラーが剥げやすくなってしまいます。指輪を付けている場合は、外しておきます。

3.ファイリング
爪の長さをやすりで整えます。その際、爪の形を指定できます。代表的なものとして、スクエアオフ・オーバル・ラウンドなどがあります。形によって、ネイルが剥げにくいといった特徴もあるので、ネイリストさんに相談してみて下さい。

4.甘皮の処理
フィンガーボウルに指をひたすか、キューティクルリムーバーを塗って、甘皮を柔らかくしておきます。それから、甘皮押しという器具を使って甘皮を押し上げていきます。頑固な甘皮はニッパーで切り取ります。まったく痛くないので安心して下さい。この段階が終わると、爪がかなりスッキリします。余分な甘皮がなくなったことで、爪が長く見える効果もあります。

5.バッフィング
爪磨きで爪の表面を磨きます。自己流とは違い、細かい部分まで丁寧に磨いてくれるので、終わった後は透明のマニキュアを塗ったようにピカピカになります。

6.カラーリング・アート
カラーを塗っていきます。ベースコート→カラー二度塗り→トップコートの順で塗ります。特にカラーは爪の裏側まで塗るので、自分で塗ったのとは明らかに持ちが違います。アートをする場合は、トップコートの前にします。トップコートで仕上げた後に、速乾スプレーやオイルを塗ることもあります。

7.終了
会計を先に済ませているので、後は帰るだけです。何度も重ね塗りしているので、表面は乾いているように見えても中はまだ柔らかい状態です。特に上着を着る時、バッグを持つ時に気をつけて下さい。電車に乗る場合は、カードや財布を取り出す時に傷がつきがちなので、あらかじめ取り出しておくといいでしょう。ネイルサロンの人に言えば、手伝ってくれます。中まで完全に乾くには、約1時間かかります。

ネイルサロンを「賢く」利用する方法〜体験談のトップページ

スポンサード リンク